記録は「備え」(私にとって手帳とは)

手帳・ノート

私の中をみつけるもの。

私の哲学を浮き上がらせるツール。

自分の暮らしの姿勢を図る、
自分のサイクルを知るもの。

視覚、聴覚、触覚、
あらゆる感覚をフルに書きとめていく。

 

* * *

 

私にとって手帳はスケジュール管理として使うことは少なく、「なんだかわからないけれど種になりそうなもの」を詰め込んでおく、そんな引き出しのようなものです。

 

これから先、私は何かのタイミングで自分の中に種を植えることでしょう。

そのときに、この引き出しから種をセレクトし思考の種を植え、育てていく。

だから、たとえ今は何の意味を持たないものでも、生きている証(思ったこと、感じたこと)を種として残しておきます。

 

記録は「備え」。
望みや願いを詰め込む、おまじないのようなものなのです。

 

アレっ子ママさんまずはこちらから!

関連記事